がんステージ別受入れ患者数
病院ランキング
 大腸がんステージ2
since 2016/7/1
トップページへ
 サイト開設以来  名様にお越しいただきました  本日   昨日  
ステージ別がん患者数の多い病院と名医情報を掲載!
がん病院ランキング&名医情報
 がん診療連携拠点病院のデータのうち、東京都と大阪府の情報を掲載しています。 
  
(スポンサードリンク)
   
 
 がんの治療において重要なのが病院選びです。2016年9月に国立がん研究センターは「がん拠点病院症例数の全国集計」を発表しました。このデータにより、がんのステージ別(初診)の受入れ患者数を把握することが出来ます。
 特に重いステージのがん患者にとって、最後までケアしてくれる病院かどうかを見定める目安になりますので、参照下さい。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっているいる場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。

大腸がんステージ2の患者受入数ランキング(東京)
※大阪府のデータは、当ページの下段に掲載しています。

順位 病院名 総数 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期
1 がん研究会有明病院(東京都) 976 82 140 212 177 131
2 虎の門病院(東京都) 471 51 122 117 56 38
3 東京大学医学部附属病院(東京都) 401 - 83 104 54 44
4 東京都立駒込病院(東京都) 710 300 91 95 122 89
5 東京都立多摩総合医療センター(東京都) 373 16 89 83 69 45
6 国立がん研究センター中央病院(東京都) 634 16 96 80 106 70
7 武蔵野赤十字病院(東京都) 297 71 58 68 52 41
8 東京医科大学病院(東京都) 301 94 73 62 40 26
9 順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都) 327 16 90 56 38 42
10 東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都) 266 58 36 54 14 24
 2014年1月~12月に初診された患者の情報に関する集計です。 
 受入総数トップ病院、その他のステージに関するデータについては、こちらを参照下さい。

 ステージⅡの大腸がんでは、手術によって病変部分を含む大腸と、転移の可能性のある範囲のリンパ節を切除します。大腸がんができた場所と、手術前の検査から予想されるステージに応じて、どれくらいの範囲のリンパ節を切除するかを決定します。
 最近では、皮膚に小さな穴を幾つか開けて、そこから腹腔鏡という特殊なカメラや手術器具を入れてがんを切除する、腹腔鏡手術という低侵襲な手術も行われています。
 手術後の病理検査で、切除したリンパ節にがんの転移があると診断された場合は、再発予防のための化学療法(抗がん剤治療)が勧められます。
 ステージⅡの患者受入数が東京都で最も多いがん研有明病院では、早期大腸がん、大腸ポリープの内視鏡的治療数は年間2000例以上、大腸内視鏡検査は年間7200例以上、進行がんに対する外来点滴化学療法は月間のべ約500例と国内屈指の症例数を誇っています。
 同院では、大腸がん専門の外科医、内科医、化学療法専門医が一緒に診るチーム医療で、2週間以内に方針を決めて直ちに治療を開始します。高度に進行した大腸がんでも、化学療法、放射線療法、手術を組み合わせて完治を目指す治療を行っています。消化器センターの五十嵐正広先生は、内視鏡の名医として知られています。
 

(がんの名医・実力病院サイトへのリンク)
癌の有名病院300病院、癌の名医180人を一挙公開
 
大腸がんの名医リスト(全国の名医と言われている医師)
大腸がん5年生存率(男女別・ステージ別)
がんを薬で治す「抗がん剤・分子標的薬治療の現状」
スーパードクター(日本の名医).com 

●大腸がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬のご案内!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。
 世界で認められた抗ガン漢方薬 として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「5か所のがんが消え、転移したリンパ節も壊死しました」「肺に転移して手術できない大腸がんが縮小しました」といった声が多数寄せられています。
 天仙液は、6,000種類以上あるといわれる漢方生薬の中から、漢方理論、医学・科学理論に基づいて長年にわたり研究を重ね、20種類以上の貴重な漢方生薬を厳選。最新科学技術を駆使した配合、処方により開発され、改良、進化を続けている医薬品の抗がん漢方薬です。
 現在でも、世界各国の大学病院や研究機関、研究施設などで、その作用と治療効果が次々に確認され、多くの医学誌に研究論文が掲載されています。


●低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。
(スポンサードリンク)

 住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  


大腸がんステージ2の患者受入数ランキング(大阪)
順位 病院名 総数 0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期
1 大阪市立総合医療センター(大阪府) 477 244 84 66 42 37
2 大阪医科大学附属病院(大阪府) 404 22 96 65 119 62
3 関西医科大学附属枚方病院(大阪府) 296 - 63 61 48 29
4 市立豊中病院(大阪府) 543 300 60 54 77 46
5 東大阪市立総合病院(大阪府) 180 22 17 52 33 30
6 近畿大学医学部附属病院(大阪府) 322 139 69 50 32 31
7 堺市立総合医療センター(大阪府) 238 96 26 46 24 38
8 大阪労災病院(大阪府) 237 27 50 45 47 23
9 大阪赤十字病院(大阪府) 351 21 68 44 55 40
10 大阪医療センター(大阪府) 207 24 73 43 41 26
 2014年1月~12月に初診された患者の情報に関する集計です。 
 受入総数トップ病院、その他のステージに関するデータについては、こちらを参照下さい。

 ステージⅡの受入数が大阪府内で最も多い大阪市立総合医療センター消化器外科・外科では、消化管疾患(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の治療を行っており、年間手術件数は約950件です。特にがん診療連携拠点病院として国内でも有数のがん患者治療数を誇っており、10名以上の消化器外科専門医で消化器がんの治療にあたっています。
 また、クリニカルパスや地域医療連携パス、外来化学療法センター、緩和医療、がん相談支援センター、セカンドオピニオン外来などがん治療に関わる多くの環境も充実しています。
 大腸がんの手術症例数は年間約200例で、その約70%に腹腔鏡手術を行っています。下部直腸がんに対する肛門温存手術も積極的に行っています。
 近畿エリアの大腸がんの名医として名前が挙がるのが、大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)の大植雅之先生です。大植先生は大阪対がん協会研究奨励賞を3回受賞するなど、西日本を代表する大腸がん治療の名医で、治療経験が豊富で数多くの手術をこなしています。
(参考)大腸がんの名医と言われているドクター 



※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)大腸がん ステージⅣ 完治(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)



がん最新医療情報・名医情報をフェイスブックで紹介しています!!


  
⇒ トップページへ戻る

『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、
病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めていますが、詳細は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

※医師の紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりませんので、ご承知置き下さい。
※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
がんステージ別受入れ患者数病院ランキング
COPYRIGHT (C):cancer-hospital.net. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止