がん体験談情報 
漢方薬編
トップページへ戻る
 抗がん漢方薬を使用された方の体験談を中心に掲載しています。
その他に全国のがんの名医や最新治療に関する情報についてもご紹介しています。
 当サイトについて   がんの名医リスト
(全国のがんの名医)
  ステージ別患者受入数
(医療機関別データ)
抗がん漢方薬を詳しく
知りたい方はこちらへ
(スポンサードリンク)
   
●患者さんの体験談
<胆管がん>体験談3/3  胆管がん体験談トップへ戻る ⇒  
大島耕一さん(千葉県在住)
☆複雑に転移してしまったがんが退院できるまでに
性別:男性 罹患時年齢:61歳 ステージ:4 
 私の場合は、1997年12月に「肝門部胆管がん」と「上部直腸がん」の重複がんであると宜告されました。すぐさまドレナージを3ヵ所行ったのですが、胆管がんについては手術が出来ませんでした。
 化学療法を受けましたが、効果はありませんでした。あとは放射線治療しかないというので、翌年1月、放射線治療ができる病院に移りました。
 放射線治療を続け、4月には大腸がんの手術を行い、5月にドレナージを取って退院することになりました。しかし、ものの2週間も経たないうちに再入院することにな り、再びドレナージを行いました。
  このころから漢方薬を断続的に飲み始めました。抗がん漢方薬との出会いは、友人から送られた漢方薬の本を読んで、資料を送ってもらったことがきっかけです。
 最初は半信半疑で飲んでいました。漢方薬に賭けてみようと思ったのは、1998年の7月に、漢方薬の開発者である王先生が来日した際の講演会に家族が参加し、その講演会のテープを聞いたことです。
 それ以後、漢方薬を本格的に飲み始めました。というのも、その時に医師から「肝臓に転移したがんは治せません。がんによる腹水も出ています。今以上に良くなる可能性は少ない」と告げられ、「今、家に帰らなければ、もう帰れなくなるかもしれない」と思い、退院したのです。
 でも、漢方薬を本格的に飲み出して2ヵ月目には、黄疸が改善して、腹水もなくなり、 4ヵ月後にはドレナージも取れました。
 現在も、身体には小さながんが残っていますが、胆管の炎症や肝機能の低下などで入退院を繰り返していたことを考えれば夢のようです。

(参考)
ステージ4・ステージ3からの胆のうがん治療
胆のうがんの名医と言われるドクター(全国)
胆道がん治療のスーパードクター
胆道がんの名医リスト一覧

「これ以上の治療は難しい」と言われたら…
 抗がん漢方薬「天仙液」に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。「以前の笑顔を取り戻したい…」と願う沢山の方々から、資料請求の申込みをいただいています。
 ご希望の方は、右記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類・知人からの資料請求が約半数を占めています

<送られてくる資料のイメージ>
 
〇びわ茶の抗がん効果に注目!!
 古来から体に良いと言われてきたびわの葉の抗がん効果に注目が集まっています。
 十津川農場が鹿児島大学と共同研究の末に発売した「びわ茶葉」は、現在多くのがん患者の方に愛用されています。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  
 (スポンサードリンク) 
   

『ご留意事項』
 当サイトでは、抗がん漢方を使用された方の体験談・闘病記をご紹介しています。
 体験談・闘病記は、一般社団法人 漢方ドットコムに寄せられたもので、抗がん漢方薬を使用した方々の率直な感想が綴られていますが、体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、漢方薬の効能・効果を示すものではありません。
 なお、体験談の実名での掲載については、ご本人の了解をいただいています。
※当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

-「がん体験談情報(漢方薬編)」-
COPYRIGHT (C):cancer-hospital.net. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止