がん体験談情報 
漢方薬編
トップページへ戻る
 抗がん漢方薬を使用された方の体験談を中心に掲載しています。
その他に全国のがんの名医や最新治療に関する情報についてもご紹介しています。
 当サイトについて   がんの名医リスト
(全国のがんの名医)
  ステージ別患者受入数
(医療機関別データ)
抗がん漢方薬を詳しく
知りたい方はこちらへ
(スポンサードリンク)
   
●患者さんの体験談
<肺がん>体験談3/5  肺がん体験談トップへ戻る ⇒  
木曽原三千年さん(三重県在住)
☆家族の愛によって余命半年の肺がんが消えた!
性別:男性 罹患時年齢:68歳 ステージ:3
 「実は、父さんはあと半年の命だって、医者から言われていたんだよ」最近、元気になった私に、息子がしみじみと語りました。
 場所は右肺の一番下の動脈近く、腫瘍の大きさは7×6cm、すでに第Ⅲ期でした。昨年の3月に手術をしたものの、取り切れなかったため、4月から抗がん剤、放射線治療を加えました。
 抗がん漢方薬を飲み始めたのは5月のことで、入院して治療の真っ最中のことでした。
 ちょうど東京に住んでいる息子が、インターネットでいろいろな情報を集め、自分で吟味し、効果があると思われるものをたくさん紹介してくれたうちの一つが漢方薬だったのです。
 漢方薬を飲み始めてから、それまでの副作用がだんだんとなくなり、食事が美味しく感じられるようになりました。体力も回復してきました。そして、6月に退院したときは、腫瘍の大きさは半分になりました。
 退院後も漢方薬の服用を続けたところ、昨年12月、今年3月のCT検査では影が完全に消えていました。
 東京にいる息子からは、頻繁に私のもとに「漢方薬、ちゃんと飲んでいる?」という電話が入ります。私は「もちろん、ちゃんと飲んでるよ」と元気よく答えています。
 今では働けるようになり、老人会の集まりや旅行などにも参加していますし、昨年まで役員をしていた会社からは復帰するよう何度も誘われるなど、周囲からは「とても病人には見えない」と言われています。
 こうしてがんが消えたのは、漢方薬はもちろんのこと、息子をはじめ私の看病をしてくれた妻のおかげ、と改めて家族に感謝する毎日を送っています。特に、息子には感謝しても感謝しきれません。
 息子の部屋にはがんに関する本が山のようにあり、漢方薬以外にもいろんな治療法を紹介してくれました。仕事で忙しいなか、私のために、ここまでやってくれたのかと思うと、われながら自慢の息子を持ったものだと感じます。
 もともと私は不精者なので、病気の説明や治療についても妻や息子任せでやってきました。
 自分のことなのだから自分でやろうと思っても、長年の性格はそう簡単には直りません。しかし、妻と息子の言うことを聞いて、これからも元気に前向きに生きていこうと思っております。

「これ以上の治療は難しい」と言われたら…
 抗がん漢方薬「天仙液」に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。「以前の笑顔を取り戻したい…」と願う沢山の方々から、資料請求の申込みをいただいています。
 ご希望の方は、右記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類・知人からの資料請求が約半数を占めています

<送られてくる資料のイメージ>
 
〇びわ茶の抗がん効果に注目!!
 古来から体に良いと言われてきたびわの葉の抗がん効果に注目が集まっています。
 十津川農場が鹿児島大学と共同研究の末に発売した「びわ茶葉」は、現在多くのがん患者の方に愛用されています。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

〇参考リンク
 肺がんの名医リスト一覧(全国版)

 (スポンサードリンク) 
   

『ご留意事項』
 当サイトでは、抗がん漢方を使用された方の体験談・闘病記をご紹介しています。
 体験談・闘病記は、一般社団法人 漢方ドットコムに寄せられたもので、抗がん漢方薬を使用した方々の率直な感想が綴られていますが、体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、漢方薬の効能・効果を示すものではありません。
 なお、体験談の実名での掲載については、ご本人の了解をいただいています。
※当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

-「がん体験談情報(漢方薬編)」-
COPYRIGHT (C):cancer-hospital.net. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止