がん体験談情報 
漢方薬編
トップページへ戻る
 抗がん漢方薬を使用された方の体験談を中心に掲載しています。
その他に全国のがんの名医や最新治療に関する情報についてもご紹介しています。
 当サイトについて   がんの名医リスト
(全国のがんの名医)
  ステージ別患者受入数
(医療機関別データ)
抗がん漢方薬を詳しく
知りたい方はこちらへ
(スポンサードリンク)
   
●患者さんの体験談
<胃がん>体験談2/5  胃がん体験談トップへ戻る ⇒  
久禮文博さん(東京都在住)
☆抗がん剤治療だけなら良くて1年の命で終わっていました
性別:男性 罹患時年齢:53歳 ステージ:3 
 私の闘病生活(胃がん、転移がん)は2003年8月で7年目を迎えました。そして、検査で確認されていたがんは全て『消滅』状態にあります。
 幸いにも再転移の兆候は全く確認されていませんが、転移したがんから新たな場所へ再転移が予想されるので、現在はそのための治療に励んでいます。
 事の起こりは1997年7月に遡ります。検査の結果「相当進行中」との診断付で胃がんを告知され、8月に手術を受けました。
 そして、2年後には「腹部リンパ節」に転移(余命は半年から1年)を宣告されたのです。治療については「手術や放射線治療は不可なので薬に頼るしかない」とのことでした。
 正直、転移を告知された時は、真剣に「死」を覚悟しましたが、「自分に合った治療法は必ず在るはずだ!」との信念を燃やしながら様々な情報を検索し、「効く確率の高さと信頼性」を重んじて抗癌漢方薬と抗癌剤治療と併用することにしました。
 『最悪の場合半年間という期限付きの命であるならば「今」を楽しく気分良く生きて行こう。惨めな死に方だけは止めよう』と心に誓いながら、グイッと、気持を前向きに押し出しました。
 結果は見事に私の期待に応えてくれました。抗がん漢方と抗癌剤+久禮流元気療法を開始してから3ヵ月後の検査で「がんは縮小している」との診断結果が出たのです。思わず感激で瞼が潤んだほどです。以来、順調に回復に向かいました。
 私は漢方薬を使うことに関して事前に主治医に報告していました。但し、今回の縮小効果が、「抗癌剤と漢方薬の併用効果」か「抗癌剤だけの効果」か、はたまた「漢方薬だけの効果」であるかは、立場によって意見が分かれるところです。
  しかし、私は素直な気持ちで「漢方薬との相乗効果である」と確信して居ます。とにかく順調に回復してきたおかげで、その後において、不可となっていた放射線治療や手術までもが可能となったのです。そして、放射線治療では「がん細胞の石灰化」が確認され、その後、生き残りのがん細胞も手術で摘出が可能となり、2003年2月に摘出しました。
 最初のがん告知から6年が経過し、転移の告知から4年が経過しながらも「再転移」の兆候は全く確認されていません。転移がんがこれほど順調に回復できた要素は何であったのでしょうか。
 私は、病院の抗癌剤治療だけであったら、宣告通りに「半年から1年」の命で終わっていたと思っています。余命の枠を取り払って命の「永遠化」を実現できたのは、漢方薬を併用したことが最大の要因であったと、私自身は確信しています。
 

「これ以上の治療は難しい」と言われたら…
 抗がん漢方薬「天仙液」に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。「以前の笑顔を取り戻したい…」と願う沢山の方々から、資料請求の申込みをいただいています。
 ご希望の方は、右記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類・知人からの資料請求が約半数を占めています

<送られてくる資料のイメージ>
 
〇びわ茶の抗がん効果に注目!!
 古来から体に良いと言われてきたびわの葉の抗がん効果に注目が集まっています。
 十津川農場が鹿児島大学と共同研究の末に発売した「びわ茶葉」は、現在多くのがん患者の方に愛用されています。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  
 (スポンサードリンク) 
   

『ご留意事項』
 当サイトでは、抗がん漢方を使用された方の体験談・闘病記をご紹介しています。
 体験談・闘病記は、一般社団法人 漢方ドットコムに寄せられたもので、抗がん漢方薬を使用した方々の率直な感想が綴られていますが、体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、漢方薬の効能・効果を示すものではありません。
 なお、体験談の実名での掲載については、ご本人の了解をいただいています。
※当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

-「がん体験談情報(漢方薬編)」-
COPYRIGHT (C):cancer-hospital.net. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止