がん体験談・闘病記(漢方編)
 抗がん漢方薬を使用した方の体験談を中心に掲載しています。がんの名医情報も掲載!
(スポンサードリンク)

 
●患者さんの体験談
<乳がん>
森下和代さん(東京都在住)
☆漢方薬を飲み始めて2年後の今、元気に仕事に邁進中です
女性 罹患時62歳 ステージ3
 信頼するセカンドオピニオンの医師から「乳がんからの転移ですね。第五腰椎にがんが見られます。転移は治らない…」と暗い表情で告げられた2年前、私は始めて絶望感を味わいました。
 その前に腫瘍マーカーがうなぎ昇りの1年半があり、主冶医の国立病院医長が、あらゆる検査をしてくださっても原因が分かりませんでした。
 素人考えでペット検査を申し出て否定されたのですが、結局ペットが転移個所を特定しました。
  11年前に右乳房全摘手術をした後は、"再発予防は自分しかない"と思い定め、御馳走は求める夫の分だけ、玄米菜食を通してニコニコと感謝の日々を過ごしてきた、つもりでした。
 「がんの治療法は確立していない。森下さん、良いと思うものは何でもなさい」親しくなった婦長さんの言葉で、友人知人が差し出してくれるもの、プロポリスなど全てを試みました。
 全身温熱療法という厳しいものまで試して、残したのが、玄米菜食と抗がん漢方薬。その結果、2年後の今は仕事もして元気いっぱいになりました。
 転移という現実の中で「治らない」という言葉を投げかけられましたが、これほど病者を打ちのめす言葉はありません。
 思い出したのは11年前に、リンパへ移っていると知って泣いた事。(リンパで体中にがんが散っている。体中にがんが……)嫌なイメージしか湧いて来ません。親族が見つけてくれる病院や療法も、ただ聞くだけで疲れ果てました。
 「再発転移の時はお世話になろう!」心の支えだった帯津良一先生の病院へ駆け込み、入院許可を頂いてやっと平安を得ました。
 そんな折、30年顕彰し続けて、中央区が認めてくれた記念に書いた『わたしの長谷川時雨』の校正が上がってきました。
 「済ませてからいらっしゃい」帯津先生のお言葉に甘え勇気を得て、死を思い乍ら校正をしていました。その時、「あなた、抗がん漢方薬を止めてから腫瘍マーカー上がり出したのよ」親友の言葉に愕然としました。
 飲んでいた抗がん漢方薬をある事情で止めていたのです。 ホルモン治療法とゾメタの点滴が始まっていましたが、抗がん漢方薬を再び飲み始めました。
 マーカーが面白いほど下がり、気力が出ました。
 2年後の今は少し減らしましたが、仕事もして元気一杯の私を誰もが「病気に見えない。そして、若い!」と言います。 「若返りの効果もあるのかしら、抗がん漢方薬には……。」

 
「これ以上の治療は厳しい」
と医師から言われたら…

抗がん漢方の資料請求について

「以前の笑顔を取り戻したい…」「状況を少しでも改善したい…」
と願う沢山の方々から資料請求をいただいています。

 当サイトの体験談は、全て抗がん漢方薬「天仙液」を使用された方からの生の声を掲載したものです。
 天仙液に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。
 ご希望の方は、下記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類や知人の方からの資料請求が約半数を占めています。

(お届けする資料のイメージ)

資料提供:一般社団法人 漢方ドットコム

●大人気のアガリクス商品のご案内
 アガリクスαには、アガリクスエキス、プロポリス、春ウコンなど、健康的な生活を実現するための各種天然成分が配合されています。
 国内他社の類似製品と比べて、価格・含まれる成分ともに優れた内容となっています。
 しかも国内最高レベルでの管理体制で製造されたにも関わらず、1日当たり166円と大変お求めやすい価格となっています。
 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。⇒ 国内製造のアガリクス配合 新製品アガリクスα  

<参考リンク>
乳がんの名医・名病院ランキング 
乳がんの名医リスト一覧(全国版) 
ステージ4、ステージ3からの乳がん治療

(スポンサードリンク)

 
乳がん体験談
トップへ戻る