がん体験談・闘病記(漢方編)
 抗がん漢方薬を使用した方の体験談を中心に掲載しています。がんの名医情報も掲載!
(スポンサードリンク)

 
●患者さんの体験談
<大腸がん>
博田ヨシミさん(広島県在住)
☆ステージVと診断された大腸がんが何とステージTに!
女性 罹患時66歳 ステージ4
 2011年11月20日、健康診断の定期検査で大腸にがんが見つかりました。
 いつもの定期検査のつもりでいたのに「がん」と知らされ、家族ともども、ただ驚くばかりでした。
 詳しく検査をした結果、上行結腸がんのステージVa、bとのことでした。その結果を知らされてからすぐ、10年ほど前から知っていた抗がん漢方薬を飲み始めたのです。
 と言うのも、私は漢方に関心があり、帯津良一先生(東京大学医学部卒業で、現在は帯津三敬病院理事長)が、漢方などを使ったがん治療を行っている病院を紹介している記事や本を読み、先生の治療方法に賛同していたからです。
 今回がんの告知を受ける前から、もし自分ががんになったら帯津先生の病院で治療を受けようと思っていたくらいでした。
 でも、広島から埼玉県の帯津先生の病院まで行くのは時間的にも難しく、あまりにも急な「がん告知」でしたので、せめて帯津先生が紹介していた抗がん漢方薬を飲むことに決めたのです。そして11月30日に結腸右半分切除、リンパ節郭清の手術を受けました。
 ところが手術前の診断でステージVa、bだった大腸がんが、何とステージTになっていたのです。手術をした先生も驚いたようですが、私は抗がん漢方薬を10日間飲み続けたおかげだと思っています。
 術後には抗がん剤を使う予定でしたが、ステージTなので服用しないで良いということになりましたが、抗がん漢方薬はずっと飲み続けました。
 術後3日ほどして腸にガスが出て、その日は重湯でしたが5日目からは普通食になりました。しかも手術をして5日後で点滴も痛み止めもなくなり、体重は1.5キロほど減っただけでした。
 同じ大腸がんの手術を受けた人に聞くと、2年間くらいは下痢をするのでパットやおむつをしなければということでしたが、私は1回だけで済みました。
 その後順調に回復し、12月13日に退院できました。 何しろ、いちばん驚いたことは、手術の前と後の状態の違いです。ステージVだったのが、漢方薬を10日間飲んだだけでステージTになったのですから、本当にびっくりしました。

 
「これ以上の治療は厳しい」
と医師から言われたら…

抗がん漢方の資料請求について

「以前の笑顔を取り戻したい…」「状況を少しでも改善したい…」
と願う沢山の方々から資料請求をいただいています。

 当サイトの体験談は、全て抗がん漢方薬「天仙液」を使用された方からの生の声を掲載したものです。
 天仙液に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。
 ご希望の方は、下記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類や知人の方からの資料請求が約半数を占めています。

(お届けする資料のイメージ)

資料提供:一般社団法人 漢方ドットコム

●大人気のアガリクス商品のご案内
 アガリクスαには、アガリクスエキス、プロポリス、春ウコンなど、健康的な生活を実現するための各種天然成分が配合されています。
 国内他社の類似製品と比べて、価格・含まれる成分ともに優れた内容となっています。
 しかも国内最高レベルでの管理体制で製造されたにも関わらず、1日当たり166円と大変お求めやすい価格となっています。
 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。⇒ 国内製造のアガリクス配合 新製品アガリクスα  

<参考リンク>
ステージ3・4からの大腸がん治療 
大腸がんの名医リスト一覧(全国版) 
大腸がんのスーパードクター

(スポンサードリンク)

 
大腸がん体験談
トップへ戻る