がん体験談・闘病記(漢方編)
 抗がん漢方薬を使用した方の体験談を中心に掲載しています。がんの名医情報も掲載!
(スポンサードリンク)

 
●患者さんの体験談
<膵臓がん>ご家族からの寄稿
榎田富美代さん(鹿児島在住)
☆手術不能の絶望の淵から救ってくれた漢方薬
女性 罹患時50歳 ステージ4
 50歳になった妹が節目だからと、気軽な気持ちで健康診断を受けたのですが、その結果、なんと「膵臓がんのステージ4で手術不能です」と医師から宣告されたとの報告を受け、私たち家族全員、悲しみと生命の儚さを感じて、絶望の淵に陥り、妹のがんという病気を受け入れることが出来ませんでした。
 2年前に母をがんで亡くしたばかりで、悲しみが癒えぬまま、今度は妹の診断を知る羽目になり、「どうして、こんなにも悲しく、辛い事が続くのだろう」と、泣いてばかりの日々の中にいました。
 でも、がん宣告を受けた数日後に、叔母から「インターネットで知った抗がん漢方薬があるから、試してみないか?」との連絡が入りました。「妹が助かるのであればどんな事でも受け入れ、実行して行こう」と決意し、試してみることにしました。
 6月23日、待ちに待った漢方薬が送られてきて、飲んだ後、「体全体に染み渡る感じだ」と嬉しそうに飲んでいる妹の顔には安堵の表情が見え、皆で嬉しさと安心感でホットしたのを覚えています。
 5月から7月にかけて、4箇所の病院で検査入院し、ようやく8月に入り放射線(1日2回の計40回終了)と抗がん剤のTS-1(1日2回服用)の治療が開始され、TS-1は一旦8月23日で終了して、再度9月5日から2週服用、2週休薬という形で続行しました。
 この治療の効果判定が、9月26日に出ました。CTの検査が行われ市立病院で5×6cmといわれたがんの大きさが2cmに縮小し、今後の経過次第で手術も可能と言われたのです。
 ただ、「太い血管への浸潤はありますが…」という医師の言葉がありましたが、希望に繋がる効果だったので、がんの消失も近い感じがしています。
 漢方薬を飲み続けて1ヶ月そこらの治療での回復の早さに、私たち家族はもとより、妹も大変驚いています。漢方薬のお蔭で家族にやっと笑顔が戻ってきました。
 この難治性のがんとどう戦い続けていくのか? 途方のない日々がこれからも続くと思いますが、今日一日を大事にして希望を持ち生きていこうと妹と話しています。
 有難うございます。感謝の中で……

 
「これ以上の治療は厳しい」
と医師から言われたら…

抗がん漢方の資料請求について

「以前の笑顔を取り戻したい…」「状況を少しでも改善したい…」
と願う沢山の方々から資料請求をいただいています。

 当サイトの体験談は、全て抗がん漢方薬「天仙液」を使用された方からの生の声を掲載したものです。
 天仙液に関する資料(その効果を分かり易く解説した書籍・研究結果論文・総合カタログ等)を無料で請求できます。
 ご希望の方は、下記のリンクからお申し込み下さい。→ 抗がん漢方の資料請求
※ご本人だけではなく、親類や知人の方からの資料請求が約半数を占めています。

(お届けする資料のイメージ)

資料提供:一般社団法人 漢方ドットコム

●大人気のアガリクス商品のご案内
 アガリクスαには、アガリクスエキス、プロポリス、春ウコンなど、健康的な生活を実現するための各種天然成分が配合されています。
 国内他社の類似製品と比べて、価格・含まれる成分ともに優れた内容となっています。
 しかも国内最高レベルでの管理体制で製造されたにも関わらず、1日当たり166円と大変お求めやすい価格となっています。
 ご興味のある方は、こちらをご覧ください。⇒ 国内製造のアガリクス配合 新製品アガリクスα  

<参考リンク>
膵臓がんの名医リスト一覧(全国版)
ステージ4、ステージ3からの膵臓がん治療

(スポンサードリンク)

 
膵臓がん体験談
トップへ戻る